みんなのQ&A

「よくある質問」を記載しています。お問合せに応じて随時更新します。


よくある質問にお答えします。

◆授業について

授業は何時に終わりますか?
授業は毎週月曜日から土曜日、1時限(9:00~)~6時限(~19:30)まで行われます。
1時限は90分ですが、一部変則(135分)授業もあります。
自分で選択した授業を受講することになりますので、人によって授業がある日や、その開始と終了時間は異なります。
※詳しい授業時間は、こちらを確認してください

授業は全部出席しないといけませんか?
授業というものは、原則、授業の到達目標を達成するために組み立てられた内容を順序だてて受講することで、一貫性のある知識の理解、技術等の習得ができる ようになっています。したがって、授業への出席は重要であり、自主的な向上心なくしてその成果を期待することはできません。よく理解して、授業に臨んでく ださい。

授業を休んでしまったらどうなりますか?
欠席については、あらかじめ分かっている場合は事前に、体調不良等により当日欠席する場合は次の授業時に、それぞれの授業科目の担当教員に「欠席届」で連絡してください。その教員の判断で配慮される場合があります。なお欠席した授業日の内容を補充するために、自ら休んだ日の授業内容、資料について各教員か ら説明を受け、自習を行いましょう。

英語が苦手ですが、卒業できますか?
英語は卒業に必要な科目(必修科目)のひとつです。英語を勉強をしないで卒業することはできません。
苦手意識があるのであれば、まずは高校で学んだ英語から復習を始めておくと、入学後に余裕を持って勉強が進められると思いますよ。
英語に限らず、高校時代までの勉強は、基礎的な教養として大学だけでなく、将来においても必ず役に立つものです。余裕があれば、ぜひ英語以外のその他高校時代の勉強を全般的に復習しておくことをお薦めします。

◆準備物について

入学までに個人のパソコンを用意する必要があるのですか?
入学前に用意する必要はありません。
パソコンには基本ソフト(OS)として大きく分けてWindowsとMacintoshとがあります。
以前は、例えばMacintoshでしか動作しないソフト等もありましたが、今はそのような違いはほとんど無くなっています。あなたの今後の作業に必要な ソフトが良好に動作するスペックを明らかにし、それに見合う機種を選ぶのが良いでしょう。また、必要なソフトや、それ以前にパソコン購入が必要かどうか も、あなたが今後どの分野(コース)に進むかによって異なってきます(学内設置パソコンの活用で十分な場合もあるかもしれません)ので、入学してからの検討で十分に間に合います。
なお、本学の学生は、アカデミック価格よりさらに安い、本学特別価格でApple製品を購入することができます。他にも、Wacomのペンタブレットや、 本学特別価格ではありませんが、Adobe Creative Cloudも特別価格で購入できます。どれも高額な製品ですので、あせらず、あなたに必要なものを十分に見極めてください。

教材費・教科書代はどのぐらいかかるのですか?
入学する学科・コース、また受講する科目により異なるため一概にはいえません。
例えば高校までにデッサンやデザイン等に必要な道具を持っていない場合、入学時に教科書・教材費で3~4万円は必要かもしれません。その他必要な消耗品類(例えば課題を提出する際に必要なCD-R等)は各自で準備する必要があります。


教材や教科書は、大学で必ず購入しないといけないのですか?

教材は購買部(食堂奥)等で、セット販売・個別販売を行います。学科で推奨する教材等をまとめて、また必要なものだけを購入できるので便利だと思いますが、同様のものをさらに安価な店で個人購入したり、譲ってもらったもの、入学までに使っていたものを利用してももちろんかまいません。
教科書も同様ですが、学内販売期間中は割引価格(1割引程度)で販売します。
なお、販売内容、日程等は入学式に配付の資料で確認してください。また初回の授業において、教員から必要なものが示されますので、そこでもしっかりと確認してください。

◆その他

英語プレイスメントテストとはなんですか?
アートデザインを学び仕事としていくみなさんにとって、語学、その中でも特に英語の重要性は益々高まっています。そこで本学では、「英語力」のレベルに応じた(英語習熟度別クラス編成)授業を実施しています。
あくまでも、クラス分けのためのテストです。入学後に履修する英語科目の成績には反映されませんので安心してテストを受けてください。(編・転入学の方は受験する必要はありません。)
なお、テストの実施方法・日程については、今後お送りする資料及びこのサイトでお知らせしますので、確認しておいてください。