ムサビのひと4

main
手羽さんと初めてお会いしたのは
ムサビオープンキャンパスの
「美大ブログサミット」の観覧。

ビブロ君バッジを
もらったっけ。

あの時貰ったビブロ君バッジ
の影響を受けて
裏キャンパスツアーバッジが
生まれたという噂も。
ura2

さぁそして
8/25の午後、6101教室に
手羽氏登場。外は大雨。
11938855_801525516631559_457780016_n
タイトルは
「美大・芸大ってなんだろうね」

芸術系の大学職員の研修が
いまさらそんな・・・
いやいや、実はとっても大事なお話。
僕たちはどこにいるのか。
僕たちはどこから来たのか。
それが分からないと、
これからどこに行くかなんて
分からない訳で。

さすが百戦錬磨の手練、
手羽氏の話はおもしろい。
そもそも私以外の芸工大職員は
「誰この人?」
からスタートした講義の時間、

よその大学職員さん
しかもムサビの。。。
なんてフィルターを飛び越えて
戦く量のパワポが
ガンガンまわるまわる。

受講生の幅が広い中で、
それぞれの立場、
それぞれのキャリアで、
僕たちの環境を租借してほしかった。
そんな願いを叶えていただいて、
感謝。

あと目の当たりにする
「こんな人がムサビにいますねん。」
それも美大の現実です。

僕らって、
何か自分たちで決めた、
芸工大の職員らしさにとらわれてる
ところないですかね。

「谷岡学園」のスタッフらしさとか
「大学職員」らしさってのに
実直で真摯なのは、
とても素晴らしいけど、
なにかそこを言い訳に、
自分の可能性までコンパクトな箱に
おさめてしまっていないかな。。

を皆で感じられたのなら
この企画は大成功。

こんな
とんでもない人たちに囲まれて
8年も入試広報やってました。

・・続く

 

2015/09/03
tags:
Clip to Evernote
コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>