高知

幕末に生きていたら
京都見回り組所属。

こんにちは広報入試課カタヤマです。

「天に意思がある、としか、
この若者の場合、思えない。
天がこの国の歴史の混乱を収拾するために
この若者を地上にくだし
その使命が終わったとき
惜しげもなく天へ召し返した。
……しかし、
時代は旋回している。
若者はその歴史の扉をその手で押し、
そして未来へ押し開けた」

司馬遼太郎(竜馬がゆく)

仕事抜きの100%プライベートで
高知へ行ってきました。
司馬先生の言霊は、
いつもいつも染み渡る。

2015/02/25
tags:
Clip to Evernote
コメントを残す

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>