まんがと新潟

新潟での仕事も終え、ほっと一息。
新潟の高校生のみなさん、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

甲信越地方ということで・・・きっと来られているはずとキョロキョロしておりますと

やはり。
東北芸工の「なかのひと」さん、タマビの「米山さん」と久しぶりの再開。
みなさん、お変わりなくお元気そうで。
前日入りだったということで、もっと早くに私もアピールすればよかったと、
後悔先にたたず@新潟の夜。

またよろしくお願いします。

さてひと仕事のあとに、どうしても行きたかった場所へ。

新潟出身のまんが家、水島新司作「ドカベン」のキャラクター銅像が並ぶ
古町マンガストリートへ。

おー おおおー
1
小さな巨人。明訓のエース里中がいるじゃないか!
まさに七色の変化球を放つ瞬間。

02
リズム打法
天才音楽家の裏の顔をもつ、殿馬も。

3
やーまだぁ。山田。
4番・怪物。 スイングスピードがものすごいので、フルスイングすると
下の写真のように

4
バットがしなります。

6
ヒッティングの擬音は「ぐわらぎーん」
おとこ岩鬼。

以上、新潟でどうしても見たかったもの。見られた。

2010/05/22
tags:
Clip to Evernote
One Response to “まんがと新潟”
  1. 神戸芸術工科大学 広報Man’sブログ「不埒な日記と言わないで … – http://cocoiro.kobe-du.ac.jp/koho