landmark

37

「結果」はモノが生む。
「良い結果」はヒトがつくる。

ランドマークのコンセプトは「おいしい」料理を作るときの原理と似ています。

料理をすると2つの経験をすることがあります。
1つは素敵な道具や良い食材、有名なレシピを使って料理をしたのに、
“おいしい”ものが出来なかったという経験。
そしてもう1つはあり合わせの食材から、自分のイメージで料理をしたのに、
“おいしい”ものが出来たという経験。
この2つの経験から言えることは“おいしい”とは道具や素材が作ってくれる「結果」ではなく、
ヒトによって食材や道具が活かされて生まれる「良い結果」であるということです。

わたしたちがクライアント様に提案するプランもこれと同じように、
良い結果をつくるには、ヒトの力を信じ、ヒトと繋がり、ヒトの魅力を引き出していくことが、
最も重要であるとわたしたちは考えます。
つまり、「クライアント様に活かされるプラン」であることに徹しているということです。

良い条件や好きなモノ、派手なコトが揃っていれば必然的に良い結果が待っているというのが、
頭の中で作っている事実。
しかし、現実世界で起きている事実が教えてくれるのはそこにギャップがあるということ。
“モノで「結果」は作れるが、「良い結果」はヒトにしか作れない。”
それがランドマークのコンセプトです。


環境・建築デザイン学科OB萩原 盛之さんの主催するdesign work office landmark. のウェブサイトです。

最新情報


Search

Pick Up

Angel road

ラジオ関西にて放送されていた『眠らない大学』パーソナリティ綱島エンジェルのブログです! エンジェル道を突き進みますω 本学 メディア表現学科 卒業生であり、元まんが表現学科実習助手...

New Entry

Categorys